ニキビができる原因は洗顔にあった??

①DUOザクレンジングバームの洗顔ではニキビができる??

DUOザクレンジングバームの洗顔でニキビができる人がいるらしいのですが、女性誌とかでは、洗顔力に定評のあるDUOザクレンジングバームもニキビができる人には効果がないのでしょうか?

DUOザクレンジングバームの累計販売数は30万個を突破しているらしいので、洗顔してもニキビができるのならそこまで売れそうには思えませんが、どうなのでしょうか?

今回は、DUOザクレンジングバームの洗顔でなぜニキビができるのか原因を詳しく検証していきます。

②DUOザクレンジングバームの洗顔について

DUOザクレンジングバームの洗顔では、化粧が完全に落ちていない感じがするという意見がありますが、どうなのでしょうか?

DUOザクレンジングバームはクレンジングですが、オールインワンクレンジングになりますので、W洗顔不要です。

やはり、洗顔とクレンジングを別々にするわけではないので、洗浄力が弱いのでしょうか?

洗浄力というよりも、DUOザクレンジングバームの洗い上りの感覚がよくわからなくて、洗い残しがあるまま終了してしまい、それがもとでニキビができる人がいるみたいです。

DUOザクレンジングバームは、最初は固形ででてくるのですが、手にのせた時に、手の暖かさでDUOザクレンジングバームがとけていきます。

その中には、31種類もの美容液が入っているということなので、洗い上りはしっとりとしていると思い込んでいる人が多く、これが洗い残しをしてしまう原因になっているようです。

まだDUOザクレンジングバームがきれいに落とされていないにも関わらず、これがしっとりだと勘違いをしてしまう人が多いようです。

最近は、ヌルヌルした感じのままで洗顔を終えてしまいニキビができる人の相談がカスタマーセンターに増えてきているということです。

確かに、しっとりなのか、ヌルヌルなのかはわかりにくいですよね。ヌルヌルのままほっておくとどうなっていくのでしょうか?

ヌルヌルしたままだと毛穴が詰まってしまい、ニキビができる原因になってしまいます。

では、W洗顔は不要ですが、もう一度洗顔をした方がいいのでしょうか?そうすると、何度も洗うことで肌が乾燥しすぎてしまう可能性があります。

乾燥肌は、ニキビができることとは無縁のように感じられますが、肌の水分が減ってくると、角質層が硬くなってしまいます。

角質層が硬くなると、毛穴を塞いでしまいニキビができてしまいます。オイリー肌の方がニキビができるように思いますが、乾燥のし過ぎでもニキビができるので、注意が必要ですね。

DUOザクレンジングバームは、31種類もの保湿成分が入っているので、乾燥肌の人もしっとりしそうです。

しかし、もともと極度の乾燥肌の人の場合はDUOザクレンジングバームでも保湿しきれない場合もあると思います。

そういう場合やDUOザクレンジングバームがあわない人も稀にいるようです。

その時には、公式サイトで内容を確認したり、カスタマーサービスセンターに問い合わせてみたりしてもいいかもしれません。

DUOザクレンジングバームの使用方法が違うかもしれないし、それ以外でもなにかいい解決法があるかもしれませんよ。

 

 

 

>>クレンジングバームを1番お得に買えるページをみる